同級生の父親に轢かれた場合の正しい対処法とは

1.どのような事故でしたか?

・場所
場所は信号機のない交差点でした。交通量はさほど多くはありませんが、近くに中学校があるので信号機を備えた方がいいという意見が近隣からは常日頃から出ている場所でした。見渡しはいいのですが、夕方や夜になると街灯の少なさが目立つ場所で、そこも問題になっていたようです。
・態様
自転車対車の事故でした。(当方自転車)当方高校生、相手は中学校時代の同級生の父親でした。
・時間
友人宅からの帰宅時の夕方です。
・過失
相手が車だったことで相手方が悪くなりましたが、信号機がない故に、自転車に乗っていた私と車の運転手がお互いにきちんと一時停止をし、一旦譲り合ったうえで発車タイミングが同時となってしまい、運悪く衝突してしまう形となりました。

2.ケガの程度と治療

・ケガの程度
お互いに一時停止後から発進の際に衝突した為、速度が遅かった事で大事には至りませんでしたが、車と自転車の間に右脚が挟まれた状態で転倒し、骨折ぎりぎりの捻挫となり、顔や腕にも擦り傷を負いました。自転車は曲がってしまい、その後乗れなくなりました。
・治療はどのように行いましたか?期間はどのくらいかかりましたか?
治療に対しては車の運転手が誠意ある対応をとってくれました。まず自宅まで送り届け、両親に事の経緯を説明、謝罪した後に、救急病院に送り届け、診察が終わるまで付き添ってくれました。骨折ぎりぎりの捻挫だった為、全治3週間のギブス、松葉杖生活となりましたが、数回の通院の際は忙しい両親に代わり、病院に付き添ってくれました。

3.相手方・保険会社との話し合い

・相手方や保険会社の対応はどうでしたか?
相手が同級生の父親ということもあり、誠意のある対応をしてくれたとは思います。すぐに警察や保険会社にも連絡をとってくれ、何度も謝罪とお見舞いに来てくれたので、話し合いの結果、示談で終わらせました。
・話し合いの中でもめた点はどのようなことですか?
もめてはいないのですが、警察と保険会社には「結局のところ、どちらの不注意で起きた事故なんでしょうか?」という確認は何度もされました。
また当時、家からかなりの距離(電車で2時間)がある私立の高校に通学していた為、通学をどうするかの話し合いは多少面倒でした。
・示談はどのような内容で決着しましたか?
相手の誠意ある対応を受けたこと、また同級生の父親だったこと、信号無視などの違反をしたわけではないことが決め手となりました。また通学問題が解決したことも決め手となりました。

4.弁護士などに質問したい点

・弁護士などの専門家に相談できるとしたら、どのようなことを質問したいですか?
同級生の父親が相手ということと、私自身がまだ子供だったということ、事故に遭った不注意を両親や学校の先生に叱られたことが重なり、当時は出来るだけ穏便にという気持ちが、強かったことは今でも深く反省しています。仮に相手が同級生の父親だったとしても、自分を轢いた相手をかばう必要はなかったと今では思っていますが、聞いた話では勤務先が自動車会社だったということで、子供心に変な気を回してしまいました。両親はその後、その話題に触れることがなく、私も気まずいので蒸し返したりはしませんでしたが、
私が知らないだけで、その後、両親と相手方の話し合いはあったのでしょうか?当時、両親が仕事でかなり忙しかった為、警察や保険会社の対応は自分で行っていた記憶しかないのですが、未成年が一人で処理をすることはありえなかったことなのでしょうか?今でも疑問です。
また、当時は救急車を呼ばず、自身で病院に送り届けてくれたことを、親切だと思っていたのですが、ただ事を荒立てたくなかっただけなのでしょうか?本来は歩けない私を車に担ぎ込むのではなく、救急車を呼ぶのが正しい対応だったのでしょうか?こちらも今でも疑問です。

乗用車と自転車との人身事故が発生した場合の過失割合について

1.どのような事故でしたか?

・場所 信号有丁字交差点、横断歩道上
・態様 当方車対先方自転車
当方車両が青信号に従って交差点に侵入しようとし、左右の横断歩道に差し掛かったところで、左方より信号を無視して横断歩道を走行してきた先方自転車と当方車両前
方部分が接触し、先方がバランスを崩して転倒。自転車運転者が負傷しました。
・時間 午前8時50分頃
・過失 当方0:先方100

2.ケガの程度と治療

・ケガの程度
当方なし、先方左肩打撲、擦過傷、休業なしの全治見込み2週間
・治療はどのように行いましたか?
先方が行きつけの医者で通院加療
・期間はどのくらいかかりましたか?
全治まで2週間

3.相手方・保険会社との話し合い

・相手方や保険会社の対応はどうでしたか?
先方は会社への通勤途上で先を急ぎ信号を無視して交差点に侵入したとのことで信号無視を認めました。
幸い怪我の程度も軽く、また、当方車両にも損傷がなかったことから、警察官による現場検証終了後には先方に自力で病院で治療を受けていただくことにしました。
当方としましては、経緯を保険会社へ連絡したものの、先方が非を認めていることからここは自力で事故対応することとしました。
まず、事故原因を信号無視によるものと断定し、自転車の転倒時の損傷は先方負担とし、合意しました。
次は人身部分ですが、先方が過失を認めているのに当方が対応する必要もないだろう、また、治療費も自賠責の範囲内で収まる見通しであったことから、当方車両の自賠責保険
の請求用紙を先方へ送付したうえで、先方側からの請求、いわゆる被害者請求をしてもらうことで合意を取り付けました。

・話し合いの中でもめた点はどのようなことですか?
特にもめごとはありませんでしたが、当方の運転免許証に点数加算されないように先方から警察へ先方過失100%を認める旨の連絡をしてもらいました。

・示談はどのような内容で決着しましたか?
示談は口頭示談として書面の取り交わしはしませんでした。
内容は上記のとおり、人身に対しては当方自賠責保険の被害者請求。対物に関しては自損自弁での対応としました。

4.弁護士などに質問したい点

・弁護士などの専門家に相談できるとしたら、どのようなことを質問したいですか?
今回のケースは、先方が自転車という軽車両であり、信号無視をしたうえでの事故発生ですが、車対自転車での事故の場合は、自転車側に非があっても怪我の程度は自転車 側
が圧倒的に高くなると思われます。今回は怪我の程度が低かったことと、先方が自分の非を早々に認めたことによって示談がスムーズにまとまったと考えています。
しかし、自転車側の怪我の程度が酷かった場合、交渉は長引くだろうと思っています。
このような場合、自動車の運転者としては、自転車も軽車両であるから自動車と同様の立場によって事故の過失が考慮されるべきと思いますが、実際に裁判で争いになるような
場合での過失割合はどの程度なのでしょうか?

最近はやりのロードバイクでの事故のケース

1.どのような事故でしたか?

趣味でロードバイクに乗っているのですが、その日もいつも通り目的地に向かって走っていました。自転車は道路の左端を走ることは法律で決まっているのは、承知のことで、私も御多分に漏れずしっかり左端を走っていました。通常であれば車は私の右側をある程度スペースを空けて抜いていきます。このことに関しては車側も自転車側も安全に気を使ってすれ違わないと結構危ないものなのです。
さて、今回の事故は直線道路で起きました。私が自転車で左端を走っていたとき、後ろから道路の割にはスピードを出している車が後ろからきていることに気が付きました。私は安全に抜いてもらおうと、スピードを緩めて左端をゆっくり走ってたのですが、車が私とすれ違う瞬間に車が私の自転車にぶつかり、私は跳ね飛ばされてしまいました。いわゆる自転車対車の事故です。時間は朝の8時ぐらいだったと思います。事故の過失割合に関しては、向こうが安全確認義務を怠っていたという判断が下り8:2で向こうが悪いということになりました。私も一応は止まっていたのではなかったので2割の過失が付きました。

2.ケガの程度と治療

ケガは幸い軽いものでした。自動車がぶつかったのが自転車本体だったので、体への外傷はこけて地面とぶつかったときのものでした。私自身体が丈夫だったこともあり骨折などはしておらず、軽い打撲と擦過傷だけで済みました。普段であれば病院に行くようなケガではないのですが、交通事故なので病院で治療してもらいました。2週間ぐらいシップなどで治療をしました。治療費が相手側出してくれるということだったので、一応完治するまで病院には通いました。

3.相手方・保険会社との話し合い

相手側も自分の過失をすんなりと認めてくれたこともあり、特に揉めるようなことはなく、相手側の保険会社さんの言う条件でとんとん拍子に進んでいきました。最終的には自転車の修理代、病院での治療費、多少の慰謝料をもらうことで示談が成立しました。

4.弁護士などに質問したい点

自動車にはドライブレコーダーといういわゆる事故を証明する道具があるとは思いますが、自転車にはなかなかそういったものをつけている人は多くないと思います。最近では自転車に取り付ける小型カメラもありますが、なかなか事故をこちら側から証明することが難しいです。そこで、自転車側で事故を起こした場合に事実に正確に判断をしてもらうためにはどうしたらいいのか聞きたいです。どうしても事故の様子を陳述していく際に、自動車側に常に主導権があるように感じて、今回に関しては相手側がちゃんと責任を認めてくれていたので、大きな事実誤認などもなく何とかなったのですが、もし向こう側の悪意で、こちら側に非がないにもかかわらず、こちらの過失の事故として扱われる可能性がある事を考えるとなかなか不安なので、どのような対策をすればいいでしょうか。

動いていても過失は0になるのか?相手の権限はどのくらいなのか?

自分の不注意で通勤中に
ある日の朝、いつものように車で通勤していた時のことです。いつもの道路を走っていましたが、わたしがよそ見をしているうちに、信号付近の交差点で、赤になってスピードを落としている前の車に私の車が追突してしまいました。私の車はかなり破損して、向こうの車は普通車だったからか、すこしヘコんでいる程度でしたが、相手の方はとてもビックリされていました…。相手は完全には止まっておらず少し動いていたのですが、自分は動いていなかったと言っていて、そのため過失の割合は向こうが0わたしが10となりました。

お互い無傷でした
むち打ちや、衝撃での怪我が心配でしたが、私も相手の方も怪我はありませんでした。しかし、相手の方はむち打ちはでていないが、不安なので一応病院に行っておきたいと言って、病院に検査に行かれていました。もちろんその際の診察費用はこちらが負担しました。結果的に、お互い無傷でした。

私は保険会社がつかず…
私は、任意保険に加入していませんでした。その時、どの保険にしようか考えていた所で早く決めないととはおもっていましたが、なかなか決められず、今回のような事が起こってしまいました。
相手の方はしっかり保険に入っておられました。相手の方はなぜか父親を呼んでこられて、とにかく父親と相手の方に謝りました。なんだか後悔やら惨めやらでこちらが悪いのに泣けてしまいました。
こちらが10の割合なので、もちろん修理代などは全部こちらが負担しないといけないとはわかっていました。差し入れを、もって自宅にお邪魔し、その時は和やかなムードでしたが、後日請求額を知らされて、私にはとても高い金額でした。
全て新品に交換だという事で金額は予想よりかなり上回っていました。私は、とてもこの金額は払えない。貯金を全ておろしてもとても無理なので、すこし分けて分割で支払いさせてもらえないかと相談しましたが、相手は怒ってしまい、それは無理だ。車を完全に直したとしても修理したという事実が残るからこっちだってすごく負担だと言われ、一括で現金で早急に用意してほしいと言われました。どうしようも無いので、色んな人からお金を借りて待ち合わせをして現金でお返ししました。

本当に10:0だったのか、仲介役が入ってはもらえなかったのか
今になって、心残りなことがあります。それは、あの時相手は完全には止まっておらず、明らかに動いていたのにこちらが10になった事です。警察官の方からあなたは止まっていましたか?と相手の方が質問を受けていた際、「動くか、止まるかぐらいのところでした」と言っていました。その時私は曖昧な言い方で、すこし疑問を持ちました。完全には止まっていなかったので、動いていたと言わないといけないのではと思いますが、当時は自分がパニックでそこを突っ込むこともできませんでした。
完全には止まっていないのに10:0でこちらが全部の過失になるのはおかしいのではないか?と今更ながら思ってしまいます。
また、話し合いの際こちらが全部過失があるということで話し合いを進めたので、こちらの状況や言い分を全く聞いてもらえなかった事がとても辛かったです。
間に入って、話を聞いて判断してくれる人がいればもっとこちらの意見も尊重してもらえたのではないかと思います。そのような機関は実際にあるのかわかりませんが、
無理な金額を一括現金で支払えという権利は、たとえこちらの過失が10割だとしても相手にあるとのだったのでしょうか。
こちらが注意を怠ってしまったことで起こした事故で自業自得なのですが、私が前追突された時、アクセルを踏んでいない状態で少し動いていたときはこちらも3割くらいの過失と言われました。なので今回の過失の割合にかなり疑問が残り続けています。

朝の通勤時に遭遇した怖い事故に巻き込まれたこと

朝の通勤時に、駅へ向かう途中に起きた「自動車 対 歩行者」の事故でした。同僚と駅のホームで待ち合わせをしていました。
駅周辺は、子供や家族を送り出す車でいっぱいでした。その辺は周知しておりました。私は同僚との待ち合わせ時間の5分前に駅に着きたくて小走りに駅へ向かっていました。
車と歩行者の接触事故です。駅の地上の出口の付近で、ある母親が運転する車の後部座席に、高校生の息子が乗っていました。その子供が後部座席のドアを開けた瞬間に、
私はその前を通り過ぎようとしました。その時です。ドアが開き、思いっきりバーンと跳ね飛ばされました。(過失は自動車が8割、歩行者が2割でした)
車を運転する母親は、息子を駅まで送る途中に起きた事故で、バックミラーで後方を安全確認をしないで、息子を下ろすことをしたということが過失となりました。
歩行者にも自己責任が問われました。私は、車が停車するところを周囲を確認せずに 路上を小走りで通った事で、注意をしなかったからだと警察の人に言われました。

一瞬の出来事ですが、ドアの先端が私の背後を接触し3mくらい飛ばされ、わたしの体は、半回転して お尻から思いっきり地面に落ちました。もうその時は動く事も出来ずで
自分に何が起きたか想像のできませんでした。通りすがりの方々が「大丈夫ですか』と声を掛けて下さいました。その車の母親も降りてきて、救急車を呼んでくれたりと対応をしてくれました。私の頭は真っ白になりました。お尻の骨がどうにかなったような感じでした。救急車がすぐに来て病院へ運ばれました。
結局、レントゲンを撮った結果、尾てい骨に細かい ひびが入っていたこと、入院はなかったものの、整形外科と神経科へ通院すること10日以上ありました。
治療は、貼り薬と数日の鎮痛剤の点滴、神経内科にも回され 精神安定剤の飲み薬をもらった事、睡眠導入剤をもらったり、安静にと言われました。

先方の保険会社は、大手の自動車保険会社の担当の方で、とても親切な方でした。毎日、お見舞いのお電話や、何か相談したいことがありましたら縁力なく連絡を下さい。
わたくしの気持ちを汲んでくれました。特に揉める事もなくスムーズに交渉を進めてくれました。病院へ行くタクシー代の事や、治療代、薬代、精神的なケアのことも
気遣って下さいました。私は、事故に遭遇する事は全く初めてでしたので、相当動揺していました。治療費から精神的なケアまで細かい所まで いろいろと面倒を見て下さいました。

自動車と歩行者の場合は、自動車が加害者、歩行者が被害者はわかりますが、
車を運転する人の四方八方を周囲を確認する事を怠った事、注意をしなかったことで割合が大きいです。
被害者のわたしですが、普段、駅を通るたびに、周りの車に気をつけて駅に向かって行っています。ほかの方も同じく急いで駅へ向かっている訳なのに
歩行者にも過失があるというの注意をされましたが、歩道を付けてくれないと歩けませんよね。

今回の件は保険会社の方ともスムーズに済んだなので、特に弁護士に相談することは特にありません。

2000年4月私が20歳の頃の事故の体験談です。

1どのような事故でしたか?

国道1号線の片側2車線でわりと見通しの良い交差点でした。
私が250ccのバイクで直進です。相手がコンパクトカーで右折でした。もちろんお互いに信号は青でした。
私が直進でスピード60キロほどで交差点に進入した所を相手方の前方不注意により跳ねられる形になったのです。
時間帯は深夜の12時頃です。
過失割合は相手が9で私は1です。バイクと車の事故ということもあり、私の方が有利になったようです。
ただ保険会社の方が言うには交差点内の事故の場合は10対0というのはないらしいです。
ですから9たい1なら良い方だと思います。

2ケガの程度と治療

右脚下腿骨折と右脚大腿骨折をしました。要は右足のスネと太ももあたりを骨折したわけです。
入院になり、太ももは骨の中には棒を通す髄内定を入れ、スネの方は外で固定する方法が取られましたが、上手くいかずに合計3回手術をしました。
入院期間は6カ月になりました。
完治までの通院を合わせると約1年半掛かりました。
最終的には完治には至らずに後遺症という形で後遺症等級が付きました。
正座が出来ない、足のシビレがとれない交感神経の異常が認められた為です。

3相手方保険会社との話し合い

相手の方は自分に非がある事を全面的に認められていたので、過失割合などでモメることは無かったです。
しかも相手方は自分の車は全て自費で直されたので、私のバイクその時に着用していた服、時計、ヘルメットなどは全て相手方の保険で100パーセント保証されました。
ちなみに私のバイクは任意保険には加入していなかったですし、事故の時の記憶がなかった為、相手方が全面的に非を認めてくれたのは不幸中の幸いです。
しかし、示談金となると話し合いは揉めました。
なんせ相手はプロで私は何の知恵もない若僧なので正しい金額が解らず困る一方でした。
後遺症に関しては等級でだいたい金額は決まるので良いですけど、痛み対する慰謝料などは基準がないので困ります。
結局保険会社の提示された金額を少し吊り上げて700万で示談する事にしました。
ですが、未だにこの金額が正しいのか良く分かりませんが、当時の私に取って700万はあまりに大きい金額だったので納得はしました。

4弁護士などに質問したい点

聞きたいことはいくつかあります。
過失割合が交差点内では本当に10対0というのは存在しないのか?
私の示談金は正当な額であったのか?
当時私には弁護士さんに相談するという選択肢が出て来なかったのですが、示談金で裁判などはするのでしょうか?
また弁護士さん費用なども考えた上で弁護士さんに相談するべきなのか?
やはり示談した後はやり直しなどはできないのか?
事故をした時に先ずは当事者である者が弁護士さん相談するという知恵を持っていなければならないのか?そういったアドバイスをくれる人はいないのですか?
似たよう事故でも示談金というのはやはりやり方次第で大きい差は出るのですか?

真冬におきた、今でも恐ろしい正面衝突での交通事故。

1.どのような事故でしたか?

・直線の田んぼ道での交通事故でした。普段は見通しもよく、直線が続くことからスピードを出す車が多いです。冬の季節だったこともありスピードを出す車は少なかったのですが、車間距離を詰めて煽る車や、無理な追い越しをする車も見受けられました。

・前から走ってきた車と正面衝突の車同士の交通事故です。冬道でしたし、事故が起きた朝の時間帯は気温も上がり、雪が解けて滑りやすかったり、タイヤが雪の溝にはまりやすいことから安全運転で運転していたのですが、対向車が冬道で滑ったのを見て、つい驚いてハンドルを切ったわたし自身の車も滑って、そのままぶつかってしまいました。

・朝の7時30分ごろに事故が起きました。この時間帯は通勤時間帯のため、交通量も多く、巻き込み事故がなかったのが不思議なくらいです。

・5対5で、どっちもどっちの交通事故でした。相手とは、もめることもなく、丸く収まりました。

2.ケガの程度と治療

・わたしは、軽いむち打ち程度でお互い済みました。相手側は特にどこもけがはなかったようで、病院へは行かなかったそうです。

・わたしの通勤先が病院だったため、勤務先に着いたあとに事情を話して整形外科で診察をしてもらいました。外用薬(名前は忘れてしまいましたが、塗るタイプの軟膏のようなものと湿布)をもらい、数日程度で痛みはなくなりました。医師からは「軽いむち打ちなので、心配することはない。薬を出しておくから使用するように。もし、痛むのが治らないのであれば、1週間後を目安としてまた来るように」と言われました。

3.相手方・保険会社との話し合い

・冬道での交通事故は多く、相手側が無茶な運転をして事故にならない限り「冬道は仕方がないことだ」と捉えている人が多かったので、お互いに謝罪しあい、もめることはありませんでした。保険会社の方も、お互いに大きくけががなく良かったですね。と好印象で、迅速に手続きなど対応してくれたので安心しました。今までじぶん自身が交通事故の当事者になることはなかったので、頭の中が真っ白になってしまっていたのですが、相手も穏やかに対応してくれたことと、保険会社の方もすぐにかけつけてくれて対応してくれたので、冷静に話し合いをすることができたと思っています。

・もめたことは特にありませんでした。「自分が滑って驚かせてしまったばかりに・・・」と事故は自分のせいだと思っていた様子でした。

・わたしと相手側は、保険を使ってお互いの車の修理等をできるのであればそうしたいと意見が合致し、保険会社の方も柔軟にわたしたちの意見を尊重してくれたので、保険会社同士が細かい点を話し合い、結果としてお互いの保険を使い、車の修理は保険で行うということで結論が出ました。

4.弁護士などに質問したい点

・今回は丸く収まりましたが、もし片方が大きくけがをした場合はどうなっていたのか。考えるとぞっとするので、そうなったとき、裁判沙汰になるのかどうか。また、保険だけで収まるものなのか知りたいです。雪国に住んでいる者としては、冬の交通事故は避けられないものがありますので。

※交通事故に強い弁護士を探すなら

交通事故に強い弁護士を探す

無事にすんだからよかったものの、かなり落ち込みました

先日会社の営業周りの時に社用車で事故をおこしてしまいました。
場所はかなりの交通量の国道で、前の車が左折するためにブレーキを踏んだところに、後ろからつっこんでしまったのです。
正直ぶつかった時のことは全然記憶になく、わき見運転だったのかもしれません。
時間は午後3時ごろでした。全くの自分の不注意でしたので、過失割合は10対0でした。

ぶつかって私の車のエアバッグが開き、ちょっと頭がまっしろになりました。
変な油のニオイがしたのですぐに出なければならないと思い、隙間からドアをけってとびだしました。
自分のケガの状態は全くないようでしたが、追突してしまった前の車にかけよりました。
すると、乗っていた方が運転席につっぷしているではありませんか。
これはマズイ、とドアをたたいても反応なし。
声をかけても朦朧としているので、急いで救急車を呼び、とにかく交通量が多い道でしたので交通整理をしました。
自分はひたすら交通整理をしながら警察が来るのをまちました。
振り返ると自分の車は前部がペッチャンコ。相手の車も後ろが走行不可能なほどにつぶれています。
相手の方はかなりのご高齢な女性で、動揺がひどかったです。
相手の方を救急搬送してもらったら、自分の痛みがでてきました。
幸い相手の方も入院とはならず、打ち身ですんだようです。自分は全く無傷でしたので幸運だったと思います。

入院にならなかったと警察の方から連絡がきましたので、すぐに相手の方のご自宅に謝りに行きました。
恐縮していったのですが、反対にこちらのケガを心配されました。
病院の診断書は通院で2週間という打ち身の結果でしたが、一応警察には届けるとのことでした。
全然怒ってはいないようでしたし、ご家族の方々もケガがたいしたことなくてよかったね、とのお言葉。

問題は私が社用車にのっていたということで、保険会社にも総務を経由しての話し合いでしたので
自分にほとんど情報が入ってきていません。
結局示談にはなっていないようですが、すべて会社と保険会社との話し合いでした。
罰金もなく、免許の点数が減っただけでしたが、どういった経緯があったのかはわかりません。
とりあえず社用車は保険でキレイになおりましたし、お相手からも苦情のお電話などもありませんので
まるくおさまったのかなあといったボンヤリした感想しかありません。

けれども、ご挨拶にいった段階で比較的お元気でしたので、法外な賠償金などを請求された場合は
弁護士さんへの相談も考えておりました。
結果10対0ではありましたが、結果オーライとはいえ、本当に相手に過失がなかったのかは謎のままです。
これを機会に会社の車すべてにドライブレコーダーをつけようといった話の流れになっています。
それは自分がいうのも何ですが、とてもいいことだと思います。
やはり自分の記憶がハッキリしていないときは、自分が悪いといったことになってしまうのでしょうか。
弁護士さんにはそのあたりを伺いたいものです。

絶対に何があっても、許してはいけないと思った

交通事故にあったのは、2年ぐらい前です。私は、夜仕事に行こうと自転車で信号待ちをして、信号が変わったので行くと、信号無視をした車が私にぶつかってきました。しかも、ぶつかって一瞬止まったので助けてくれるのかと、思ったらまた車に戻り逃げようとしました。私は、これはヤバイと思い大きい声で待てやーと叫ぶと、止まりした。すぐに、警察と救急車を呼びました。

すると、車を運転していた母親は車に鍵をして出てきません。なぜか、代わりに話すと言って息子が出てきました。しかも、その息子は私に対して謝罪もなくタメ口で話すのです。私は、謝罪があればあんまり大きくするつもりも無かったのにと考えてるいましたが、怒りがフツフツと出てきました。ましてや、運転をしていて本人はまだ出てきてませんからね。そうしてる間に救急車が来て、私は一旦病院に行きました。幸いにも、足の捻挫ぐらいで済みました。足の捻挫でも、病院に通院する事になりました。次の日の朝に、相手の父親が家に来て謝罪をしてきました。

ですが、父親だけなんです。普通、本人も来るやろと思いましたが、常識があるのは父親だけなんかなと考えました。とにかく、もう顔も見たくないのであとは、保険屋同士で話し合いをしましょうと言いました。すると、父親がどうにか警察には行かずに物損事故としてお願いできませんかと言ってきました。私は、事故をしてすぐ本人が謝り、自分で警察なのど救急車を呼んでくれたらそういう考えもあったと伝えました。父親は一瞬黙ったんですが、でもどうしても人身事故は困りますと言い始めました。

これは、この父親も自分達の事しか考えてないと思ったので、とにかく人身事故にするのでと言い扉を閉めました。すると、しばらくチャイムを鳴らしてくるのです。これは、ヤバイと思ったので父親に扉越しに、警察に通報しますよと伝えると渋々帰っていきました。次の日に、保険屋から電話がかかってきて話を聞いてると、相手の母親は自分が信号無視をして、事故を起こしたと認めてますと言う電話がありました。なので、治療費と仕事に行けない日のお金は全額出しますと。それを聞いて私は、ちょっとホッと落ち着きました。なぜなら、内心ちょっと相手が私が悪いとか言うんだろうかとか考えてたので。

それから、すぐに警察にから電話がかかってきました。内容は、物損なら電話で、人身事故扱いにするなら警察署に来て欲しいとの事でした。私は、今日すぐには行けないのでまた連絡さしてもらいますと言いました。すると、次の日の朝また相手の父親と母親が家の前に来ていました。私は、もう来るなと言ったはずと思ったのだが、チェーンを掛けたまま扉を開けました。

すると、また一緒の話をするのです。昨日警察から相手にも電話があったらしくそれで来たみたいなんです。おそらく私が、警察にまた連絡すると言った言葉をそのまま伝えたらしくそれを相手が、物損か人身かをまだ迷っていると勘違いしたそうなんです。私は、それは間違いで絶対に人身事故にしますと伝え無理矢理扉を閉めました。それから、しっかりと警察署に行き人身事故扱いにしてもらいました。なので、弁護士に相談できるのなら、家に押しかけてきて家の前で騒ぐのは、罪にはならないのかを相談したいです。