最近はやりのロードバイクでの事故のケース

1.どのような事故でしたか?

趣味でロードバイクに乗っているのですが、その日もいつも通り目的地に向かって走っていました。自転車は道路の左端を走ることは法律で決まっているのは、承知のことで、私も御多分に漏れずしっかり左端を走っていました。通常であれば車は私の右側をある程度スペースを空けて抜いていきます。このことに関しては車側も自転車側も安全に気を使ってすれ違わないと結構危ないものなのです。
さて、今回の事故は直線道路で起きました。私が自転車で左端を走っていたとき、後ろから道路の割にはスピードを出している車が後ろからきていることに気が付きました。私は安全に抜いてもらおうと、スピードを緩めて左端をゆっくり走ってたのですが、車が私とすれ違う瞬間に車が私の自転車にぶつかり、私は跳ね飛ばされてしまいました。いわゆる自転車対車の事故です。時間は朝の8時ぐらいだったと思います。事故の過失割合に関しては、向こうが安全確認義務を怠っていたという判断が下り8:2で向こうが悪いということになりました。私も一応は止まっていたのではなかったので2割の過失が付きました。

2.ケガの程度と治療

ケガは幸い軽いものでした。自動車がぶつかったのが自転車本体だったので、体への外傷はこけて地面とぶつかったときのものでした。私自身体が丈夫だったこともあり骨折などはしておらず、軽い打撲と擦過傷だけで済みました。普段であれば病院に行くようなケガではないのですが、交通事故なので病院で治療してもらいました。2週間ぐらいシップなどで治療をしました。治療費が相手側出してくれるということだったので、一応完治するまで病院には通いました。

3.相手方・保険会社との話し合い

相手側も自分の過失をすんなりと認めてくれたこともあり、特に揉めるようなことはなく、相手側の保険会社さんの言う条件でとんとん拍子に進んでいきました。最終的には自転車の修理代、病院での治療費、多少の慰謝料をもらうことで示談が成立しました。

4.弁護士などに質問したい点

自動車にはドライブレコーダーといういわゆる事故を証明する道具があるとは思いますが、自転車にはなかなかそういったものをつけている人は多くないと思います。最近では自転車に取り付ける小型カメラもありますが、なかなか事故をこちら側から証明することが難しいです。そこで、自転車側で事故を起こした場合に事実に正確に判断をしてもらうためにはどうしたらいいのか聞きたいです。どうしても事故の様子を陳述していく際に、自動車側に常に主導権があるように感じて、今回に関しては相手側がちゃんと責任を認めてくれていたので、大きな事実誤認などもなく何とかなったのですが、もし向こう側の悪意で、こちら側に非がないにもかかわらず、こちらの過失の事故として扱われる可能性がある事を考えるとなかなか不安なので、どのような対策をすればいいでしょうか。